かつ丼多勝:秋田でとんかつの名店を発掘

帰省先の秋田から鎌倉へ戻る道中、まずは長旅に向けての腹ごしらえということで、秋田市は新屋という町にある「かつ丼多勝(たかつ)」へ行ってきました。

こんな感じの朴訥な店構えに朝から行列!

常連に聞いたところによれば、1回転目で限定メニューであるリブロースかつ、シャトーブリアンは品切れになることが多いそう。僕らはおそらく3回転目くらい?に入れたのでスタンダードなロースかつの定食と、店名にも入っているかつ丼を二人でいただきました。

無類のとんかつ好きを公言しているだけあって、都内の名店も含めてこれまで数多くとんかつを食べてきましたが、お世辞抜きに「こんなとんかつ食べたことないかも」と思えるような一皿。ひたすら「かつ」と対話する至福のひと時となりました。

帰省の際には毎回立ち寄ることになるでしょう。

“かつ丼多勝:秋田でとんかつの名店を発掘” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です