かつ丼 多勝:年越しかつをいただく

帰省中の秋田にて、吹雪の中電車とバスを乗り継いでとんかつ・かつ丼の名店「多勝」へ。

極上リブロースかつ定食(350g)をいただきました。これで年が越せるってもんだ。

旅に出てでも食べるべき一皿。大荒れの天候でも出かけるべき一品。ご馳走様でした。

ヤマキウの焼ねぎ秋田味噌が美味い

先日の秋田帰省から鎌倉に戻る時に道の駅で見つけ、自分用に買った「焼ねぎ秋田味噌」がものすごく美味い。日本酒「太平山」で有名な、明治12年創業の秋田を代表する味噌・醤油・酒の蔵元「小玉醸造」で作られているヤマキウ秋田味噌をベースに、ネギや唐辛子で味付けした焼きねぎ味噌なんだけれど、これがご飯との相性抜群。新米を手に入れたから余計に止まらない。

食べ終わったらお取り寄せだな。

かつ丼多勝:秋田でとんかつの名店を発掘

帰省先の秋田から鎌倉へ戻る道中、まずは長旅に向けての腹ごしらえということで、秋田市は新屋という町にある「かつ丼多勝(たかつ)」へ行ってきました。

こんな感じの朴訥な店構えに朝から行列!

常連に聞いたところによれば、1回転目で限定メニューであるリブロースかつ、シャトーブリアンは品切れになることが多いそう。僕らはおそらく3回転目くらい?に入れたのでスタンダードなロースかつの定食と、店名にも入っているかつ丼を二人でいただきました。

無類のとんかつ好きを公言しているだけあって、都内の名店も含めてこれまで数多くとんかつを食べてきましたが、お世辞抜きに「こんなとんかつ食べたことないかも」と思えるような一皿。ひたすら「かつ」と対話する至福のひと時となりました。

帰省の際には毎回立ち寄ることになるでしょう。

謹賀新年:秋田から鎌倉へUターンします

1日遅れのあけましておめでとう。2019年は秋田からスタートしました。

昨年末の30、31は少し吹雪いたりもしていましたが、年が明けてからは穏やかだった秋田の実家から鎌倉へ戻ります。休みって本当にあっという間です。

本年もよろしくお願い申し上げます。