ヤマキウ南倉庫:秋田にある感度高めの複合施設

「誰もが思うままに出入りできる、クリエイティブな複合施設」として、僕が愛する秋田味噌を作っているヤマキウが、1976年に建てられた倉庫をリノベーションして誕生した複合施設。

〈屋根付きの公園〉をイメージしたホールを中心に、ギャラリー、ライブラリーの機能をもつパブリックスペースと、10のショップと6のオフィス、コワーキングスペースがあります。

亀の町ストアという洒落たカフェも併設されています。

秋田に来た際には立ち寄ってみたらいかがでしょうか。

かつ丼 多勝:秋田帰省時のとんかつルーティン

今日のとん活はこのBlogでもたびたび紹介している秋田・新屋にあるこだわりの名店「多勝」。11時からの営業なので人気メニューが品切れで食べられないことを防ぐために開店前にお店の前で待機します。いつも本気です。

今回は限定のリブロースかつ350gをいただきました。

駅からも遠く、それ程アクセスには恵まれていない立地に「そこまでやるか?」というような店主のこだわりが相変わらず詰まったお店でございます。

腹ペコだったので、いつもは250gにとどめるところを今日はMAXの350gにチャレンジ。これだけ分厚いと火入れも難しいのだろう。これはこれで相当美味しいけれど、個人的には250gの方がバランスが良いと感じました。

そういえば屋号にもあるように「かつ丼」を食べたことない。次回は、かつ丼を頼んでみよう。

かつ丼 多勝:年越しかつをいただく

帰省中の秋田にて、吹雪の中電車とバスを乗り継いでとんかつ・かつ丼の名店「多勝」へ。

極上リブロースかつ定食(350g)をいただきました。これで年が越せるってもんだ。

旅に出てでも食べるべき一皿。大荒れの天候でも出かけるべき一品。ご馳走様でした。

ヤマキウの焼ねぎ秋田味噌が美味い

先日の秋田帰省から鎌倉に戻る時に道の駅で見つけ、自分用に買った「焼ねぎ秋田味噌」がものすごく美味い。日本酒「太平山」で有名な、明治12年創業の秋田を代表する味噌・醤油・酒の蔵元「小玉醸造」で作られているヤマキウ秋田味噌をベースに、ネギや唐辛子で味付けした焼きねぎ味噌なんだけれど、これがご飯との相性抜群。新米を手に入れたから余計に止まらない。

食べ終わったらお取り寄せだな。

かつ丼多勝:秋田でとんかつの名店を発掘

帰省先の秋田から鎌倉へ戻る道中、まずは長旅に向けての腹ごしらえということで、秋田市は新屋という町にある「かつ丼多勝(たかつ)」へ行ってきました。

こんな感じの朴訥な店構えに朝から行列!

常連に聞いたところによれば、1回転目で限定メニューであるリブロースかつ、シャトーブリアンは品切れになることが多いそう。僕らはおそらく3回転目くらい?に入れたのでスタンダードなロースかつの定食と、店名にも入っているかつ丼を二人でいただきました。

無類のとんかつ好きを公言しているだけあって、都内の名店も含めてこれまで数多くとんかつを食べてきましたが、お世辞抜きに「こんなとんかつ食べたことないかも」と思えるような一皿。ひたすら「かつ」と対話する至福のひと時となりました。

帰省の際には毎回立ち寄ることになるでしょう。

謹賀新年:秋田から鎌倉へUターンします

1日遅れのあけましておめでとう。2019年は秋田からスタートしました。

昨年末の30、31は少し吹雪いたりもしていましたが、年が明けてからは穏やかだった秋田の実家から鎌倉へ戻ります。休みって本当にあっという間です。

本年もよろしくお願い申し上げます。

秋田へひとり旅(年末帰省)

今年も残りあとわずかということで、雪が降る街へと帰省。

本当は妻と犬と一緒に新幹線で珍道中を予定していたのですが、妻の体調不良により僕だけ単独で帰ってきました。

おまわりさんも、今年1年お疲れ様でした。

秋田へ帰省

妻の誕生日に合わせて、秋田へ帰省しました。

今回は犬連れ旅。クルマで休憩しながら行きは日本海側、帰りは太平洋側というように、東日本を大きくクルッと回ってきました。

今まで通ったことのない道や見たことのない景色に出会い、改めて旅の素晴らしさを感じる。

家族と犬と一緒に、いろいろ見てまわりたい。

来年の消費増税前に旅行に耐えうるサイズのクルマに買い換えようかな。クルマそのものの大きさもそうだし、長距離巡航という意味ではパワー、そして悪路&北国対策として四輪駆動を選ぶなどなど、検討材料は多そう。