鎌倉の自邸:木と緑の家

100829_06

リビングの大きな開口部から見える山肌は、夏になるとツタのカーテンに覆われています。

100829_07

電気設備の打ち合わせ・施工も進んでいます。小さな家だからこそ、コンセントの位置や照明スイッチもよく考えないといけません。

100829_08

採光は十分のようです。

100829_09

こちらはトイレになる予定の窓。北側でも明るい。

100829_10

主寝室からも外の緑が望めます。寝るだけの空間ではもったいなさそうです。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPin on PinterestShare on Tumblr

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です