ウッドデッキ補修の打ち合わせ後、穏やかな午前中に1ラウンド

今朝はまだウネリは入らず、サイズが上がってくるまで少し待つことに。

経年劣化でウッドデッキを補修する必要があり、大工さんが下見してくれました。建物本体にボルト付けして揺れを軽減させ、かつ破損部分の補修で未だあと数年は使えるのでは、ということなので一安心。あとは施工日の調整をするだけ。

そうこうしているうちに日も高くなり、少しだけウネリが上向いてきたのでショートボードを持って海へ行ってきました。ホームのブレイクはモモ〜たまのsetコシ程度。それほど混雑しておらず、自分のペースで2時間しっかり練習してきました。今週は休暇明けで仕事に復帰し、早朝の練習もしていなかった(波も無かった)ので、久しぶりにリフレッシュできた感じ。

明日はどうかな。早い時間ならオフショアで遊べるかも知れないし、一気に炸裂しているかも知れないし、起きてから決めよう。

鎌倉の自邸:ダイニングテーブルを彩る

昨日の話題となったティランジアはご覧の通り二股に分かれ少しずつ育っています。また、左には最近我が家にやってきた赤い実をつける子がダイニングテーブルを彩っています。名前は何だったかな。

明日のクライアントとの打ち合わせにて急遽プレゼンテーションを行う事となり、今日はその対応とプレゼン制作で過ぎて行きました。発表者では無いのが幸いです。

帰って相棒観よう。

鎌倉の自邸:多肉植物が仲間入り

ティランジア。今はもう少し育って二股に分かれつつあります。

夫婦揃ってサボテンやアロエなどのいわゆる多肉植物に心奪われる。

これまで結構枯らしてしまう事が多い僕らでも、丈夫に逞しく育ってくれるのが素晴らしい。

家の外にも中にももっと仲間を増やしてあげよう。

しばらくぶりとなるが、聖地である伊豆のシャボテン公園へ遊びに行こうかな。

鎌倉の自邸:室内物干しワイヤーの施工

日付は変わりましたが日曜日の午前、我が家の脱衣所に室内物干しワイヤーを取り付けました。

漆喰の壁とも上手く溶け込む主張しない佇まいがよろしい。

使用しないときは巻き込んで収納されます。省スペースの優秀なアイテムですね。

これまで置いてあった物干しラックは屋外へ配置換えとなり、室内がスッキリ広々として気持ちが良い空間になったと思います。

以上、久しぶりの室内施工でした。

PACIFIC FURNITURE SERVICE:INDUSTRIAL CHAIR

新しいダイニングチェア

アメリカのTOLEDO社製チェアのリプロダクション。

製図用として作られたデザイン。座ったまま360度回転出来ます。座面やバックレストの高さも調節可能です。

我が家にはこれまでダイニングチェアは1脚のみ、他はスツールやDIYで作成したベンチ(×2)を使用していましたが、店頭で見て気に入り同じものを2脚購入。アイアンの醸し出すインダストリアルな雰囲気がLDKのアクセントになって満足。

恵比寿のPACIFIC FURNITURE SERVICEにて入手(2015年春)。