台風15号の爪痕:鎌倉・葉山も局地的に停電や断水が続いているようです

メディアでは千葉県各地のインフラについて大きく取り上げられ、台風が過ぎて丸2日経っても停電、断水、携帯電話使用不可、交通マヒ、道路寸断、家屋倒壊などについての復旧が進んでいない状況のよう。

ここ鎌倉でも局地的に同様の被害が出ており、市や警察、消防、電力会社では手が出せないような地域もあるようで、自衛隊へ派遣要請が出たとのこと。

停電長期化に際し、市役所や行政センターを解放しているようだが、この暑さの中では刻一刻と体力も消耗するだろう。鎌倉だけではなく近隣の葉山も同様の被害が出ているようなので、ニュースでは取り上げられていない地域についても目を向けなければならないと思う。

鎌倉市・葉山町合わせて今も約9500世帯の停電について復旧の見通しは立っていない。規模は違えど事態の深刻さはどこも変わらないのだ。何とかならないものだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です