キッチンワゴン仕上げ:タイル目地を入れる

前回はここまで。時間をかけ過ぎていますね。

このタイルの間に目地材を入れて、仕上げていきます。

こんな感じのもの。ホームセンターとか道具屋さんに売っています。一から目地を入れるときでも、補修をするときでも使えるようです。

まずは外側の木枠に養生テープを貼ります。家の漆喰塗りをやっていた頃を思い出しますねぇ。

水を加えて練り込んだ目地材をタイルの間にヘラで塗り込みます。ひと思いにやっていきます。

生乾きの状態のうちに、濡れた布(不要なタオルとか雑巾とか)でタイルに付いた余分な目地材を拭き取り、目地部分の表面もきれいに整えます。養生テープを取って、半日(12時間)程度乾かします。

初めて施工したし正直なところ、タイルの目地はきれいになんて出来ません。改めて、プロってすごいなぁ、と台所やお風呂のタイルを見ながらつくづく思う訳であります。

というわけで明日、仕上がります。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPin on PinterestShare on Tumblr

“キッチンワゴン仕上げ:タイル目地を入れる” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です