Xmas気分は時期尚早でしょ?

ハロウィンも終わり、街は一気にクリスマスの電飾なんかが増えてきました。ペコちゃん達は既に例の赤い服着ているし。

毎年この時期になると思うのですが、クリスマスシーズンに入るのが早くないですかね?晩秋を楽しむという雰囲気がありません。せめて待降節に入ってからにしようよ、と思うわけ。

待降節というのは、キリストの誕生日である12月25日からみて四週間前の日曜日から始まる、キリスト教における季節の一つのことです。

つまり、クリスマスシーズンとはだいたい11月30日前後から始まるのが僕の感覚として自然なのです。

どうして12月までガマンできないかなぁ。年末商戦と抱き合わせで踊らされているとしか思えない。

あ、なんでそんなことに拘っているかというと、一応僕がカトリック信者だからというのはあるかも知れません。最近は教会自体ご無沙汰ですが…

でも何より、日本人って季節を大切にする文化があったと思う。だからそんなクリスマスムードを高めさせる世の中には目もくれず、季節の移ろいを愛でていきたいもんですな、というお話。

晩秋の鎌倉、朝晩はすっかり寒くなってきましたが、紅葉はまだまだです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です