ロングボード封印

思うところがあって今年から可能な限りロングボードを封印している。

マクタビッシュ9’2”の他に、お世話になっているショップの店長さんが持っていた5’11”というサイズのショートボードを中古で購入していたので、そいつが現在の相棒となっている。

短いながらも幅や厚みはあるので、自分のような初級者には合っているだろうとの事。

ロングボードを乗っていた頃は、多少ピークを外れていようが雑なパドルになろうがボードの長さ、重さに「おんぶに抱っこ」で、上手くは無いもののある程度は乗れていたのだが、一気に3フィート以上短いボードに乗り換えての練習は困難を極めていた。

それでも最近は、少し立って滑れるようになってきたし、継続は力なりというのを実践している。加えて、取り回しが楽なので、出勤前や日没前などに気軽にささっと海へ出られるのも大きい。

ロングボードならば、ある程度の年齢になって仮に心身共に衰え始めても楽しんで乗れると思うのだが、ショートボードに関しては、今、この歳で乗れるようになっておかないと、齢を重ねれば重ねるだけハードルが高くなるのが自明だと思ったのだ。

パドルをし続けても疲れない身体と、不安定な短いボードでもブレないバランス感覚を手に入れるために、先日から体幹トレーニングも導入し始めた。

突然の健康志向に、どこへ向かっているのか自分でも良く分からないが、とにかく波乗りが上手くなりたいと思っている今日この頃である。

明日は朝に少し期待している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です