slowdown

24年ぶりの稲村クラシックを開催してくれた台風スウェルも過ぎ去り、ホームビーチはいつも通りのスネsetヒザ。

少しここのところ仕事が忙し目で、睡眠時間も短かったので土曜日は海には行かずにゆっくり寝てました。 昼に散髪して休日出勤。

サボるとパドル力はあっという間に落ちてしまうらしいので、明日はスネだろうがクルブシだろうがとりあえず入水はするつもりです。

ちなみにサボるの語源(サボタージュ=sabotage)には「怠ける」とかいう意味はなく、「破壊活動」らしい。怠けるのは “slowdown” を使うみたいです。

へぇ。

INAMURA SURFING CLASSIC Invitational 2013

24年ぶり地元開催のコンテストはファンウェーブでした。

24年ぶりの稲村サーフィンクラシック、せっかくなので少しだけ見てきました。

平日開催なので、仕事を半休申請済みの準備周到さ。

写真とかで見るような伝説の大波にはならず、ビッグウェーブコンテストというよりはファンウェーブのサーフィンコンテストな気もしましたが、それでも時折頭半サイズの三角に割れる波はこの辺りではそうそうお目にかかれないので、開催することに意義がある感じですかね。
本来であればもっと沖、出るのもハードな位置に大波が割れる時だけ開催することにしていたみたいなので、24年も延ばしていたこともあり、主催側も少し慌てて見切り発進したのかも知れません。
まぁでも地域で盛り上がりを見せるのは悪くないし、これからも伝説の大波とやらを気長に待ちましょう。

稲村クラシック開催なるか?

ついに明日25日(以下に追記あり!)、稲村クラシック2013が開催されるかも知れないそうです。

震災による中止を除けば20数年間、開催にふさわしいクラシックなビッグウェーブが立たなかったらしく、ずっと延期になっていたある意味伝説のサーフィンコンテスト。
いま正に関東に向かって来ている台風20号が、もしかしたら稲村ヶ崎に素晴らしいスウェルを届けてくれるかも知れないっていうことで、招待選手に招集がかかったみたい。
開催決定は本日13時だそうで、今日の明日でどうやって仕事の休みをとるか、ひたすら思案中。
本当にそんな大会が地元でやるなら見たいですもん。次はいつになるか分からないし。

【追記】
25日よりも26日のほうがグランドスウェルが入る可能性が高いということで、実行委員会(大会主催者)の判断により、1日延ばして26日(木)の開催に向けて準備をしているとのことです。

【追記2】
本日(25日)、正式に26日開催が決定しました!24年ぶりですって。行くしかないでしょ。

土曜日の朝はいつも通りのスモール。

風は無風に近いけれど、うねりが弱い。

 

インサイド寄りすぎで滑る距離も短め。

週末のスタートはスネ~膝のスモールコンディションでした。岸に近いところでブレイクするので、なかなか距離も滑れず、フィンを削ってばかりのテイクオフ練習。

ゆっくりと平和な時間は過ごせます。

ウエットスーツをオーダーしたのだ。

冬用のウエットスーツをオーダーしました。3.5mmのスキンタイプ。

まだまだ暖かいですが、なんせ初めての冬越えなもんで、オーダーフェア初日に採寸しました。出来上がりは3週間後。
いい年齢だし、スーツ(ビジネススーツ)はそろそろオーダーかななんて思っていましたが、まさかウエットをオーダーするようになるとはね。