鎌倉の自邸:夜の外観

101031_05

路地の奥なので家の周囲は昼でも近所の子どもの遊ぶ声くらいですが、日が沈むと一層暗く静かになります。聴こえるのは虫の鳴き声くらいです(注:これが意外と大合唱でうるさいときもアリ)。

家の明かりがなんだか暖かみのある感じになりそうです。

鎌倉の自邸:漆喰を塗る下準備としてパテ塗りをしています

101031_01

今日は石膏ボードを留めているネジや昨日貼ったファイバーテープ部分に石膏のパテを塗りました。昼前から夜暗くなるまで半日かけて1階部分の大半を終えることができました。

101031_02

地味な作業ですが、漆喰を塗る準備として表面の凹凸を隠す役割を担っています。また乾いてくればファイバーテープもしっかりとボードに吸着するかも。

101031_03

工事現場や改装中の店舗などでよく見かける、この石膏ボードの白い点々はネジ穴を隠すものだったのですね。何かの目印なのかと思っていましたが。。。

鎌倉の自邸:内装施工始まりました

101030_01

いよいよ本格的に、施主自らの内装施工が始まりました。セミ・セルフビルドというやつです。つまり家の駆体など構造にかかわるところは専門家である工務店に施工してもらい、内装の仕上げなど素人でも時間と労力をかければ出来るところは施主がやるという今回の家づくり。

我が家はオール漆喰仕上げ(風呂は除く)なので、石膏ボードが貼られている壁から漆喰塗りの準備が始まりました。上の写真は天井と壁の境に養生テープを貼っている所。漆喰が塗られる所全ての境界にこれを貼っていきます。

ぴったりではなく、2.5mm空けるというビルダーからの指示ですが、僕がやるとどうしても境界ギリギリに貼ってしまいます。妻の方が上手な気がするので途中から細かい仕事は任せてしまい、僕は石膏ボード同士が隣接する部分にファイバーテープを貼る作業に専念しました。

101030_02

これも全ての境界に貼っていきます。

今日1日で1階部分がほとんど終わったので、明日からパテ塗りという作業に入ります。11月は会社も休みをとりながら集中して内装施工します。何とか年内に入居出来るよう施主も頑張ります。

鎌倉の自邸:家具打ち合わせ

10月23日、設計のE氏と家具について家具図面を見ながら詳細の打ち合わせ。

といっても、今回家具工事として造作してもらうのはアイランドキッチンとその背面の作業台、脱衣室のリネン入れ(これはもう棚のみ)、玄関収納くらいです。キッチン収納の扉も、お客人から見える表側はさすがに扉をつけますが、あとはほとんどオープンです。家が出来て落ち着いたら、キッチンワゴンをはじめ、全て自分たちで作ろうと思っています。いわゆるDIYというやつです。

似たイメージの家具を買うこともできますが、結局後でもう少しこだわれば良かったなどと後悔するのも嫌だし、かといって世の中に存在しない自分の中のイメージの物を職人に作ってもらうのは予算に問題が。。。

家づくりと一緒ですが、クオリティは落としたくない、しかし予算に難ありとなると、あとは自分たちでやれることはやろうということになります。自分の欲しい物を自分で作るということができれば、何だか楽しそうな感じがしてきますね。

というわけで、家が出来て入居しても、家づくりは延々と続く予定です。楽しみながら。