大手デベロッパー系の高き壁と、北鎌倉のテラスハウスとの縁の話

鎌倉・大町の新築物件を気に入った僕たちは、申込みをすることにしました。その物件に入居するためには次月の賃料、敷金、礼金、手数料に加えて、エアコンや照明などを購入し、自分たちで揃えなければなりません。

“大手デベロッパー系の高き壁と、北鎌倉のテラスハウスとの縁の話” の続きを読む

いざ、鎌倉へ 〜新築のテラスハウス契約で鎌倉移住を達成か?

今回の賃貸物件探しは、最低でも10件は内覧しようと思っていました。

ベストセラーらしい『家を借りたくなったら』では、焦って部屋を決めることなく最低でも10件は内覧し、間取りや環境、家賃などを熟慮の上契約することを奨めています。

“いざ、鎌倉へ 〜新築のテラスハウス契約で鎌倉移住を達成か?” の続きを読む

転居先募集中!

ということで、いくつかの問い合わせをしています。ちょうどめぼしい部屋が新着で来たので、実際今週末に内覧の予約をメールで依頼しました。

せっかくわざわざ鎌倉行くのだから他の物件も紹介してもらえるように依頼。

とはいっても水曜日って不動産屋はお休み多いのでリアクション無し・・・ つまり、進展無し。

行動力を駆使して内覧や周辺環境の調査に行こう

photo credit: Crossing via photopin (license)

そろそろ家を具体的に探さないと。 いくつか問い合わせている物件があるので、次の週末にでも内覧や周辺環境の調査へ行こうと思います。

よく考えたら、行くだけで往復の電車賃が結構かかってしまう。でもこの距離を埋めないことには未来も無いのです。どんなに情報社会が発達しても、地元に住んでいる人のネットワークには及ばない。

まずは同じスタートラインに立とう。

2泊3日のお試し鎌倉移住をしてみました

photo credit: Moving Yokosuka-Line via photopin (license)

鎌倉へ移住したいということを周囲に流していたら、北鎌倉に住んでいる知人(またもや妻の会社絡み。彼女は顔が広い・・・)から、多忙で家を空けがちなのでいないときに試しに住んでみたら? というありがたい提案をいただきました。

“2泊3日のお試し鎌倉移住をしてみました” の続きを読む

住みたい(願望)を叶える現地の不動産情報を手に入れよう

photo credit: 2012年11月 鎌倉_001 via photopin (license)

こうして突発的に次に住みたい街を決めたのですが、やはり行楽で訪れるのと違い、そこに住もうと思ったらまず生活できるか、とか、通勤出来るか、とかを考えなくてはなりません。いや、その前に僕らが住める物件がそもそもあるかどうかを調べなければならないのです。

“住みたい(願望)を叶える現地の不動産情報を手に入れよう” の続きを読む