さよなら北鎌倉~新居へ引っ越し

110115_01

2年お世話になった北鎌倉のテラスハウスとも今日でお別れ。

この1週間、ひたすら荷造りしてようやく全ての荷物を運び出すことができました。

さて、新居への引越しの話です。これまで何回か引越しをしてきましたが、2tトラックを借りて自力で作業をしていました。ただ今回は新築の家だし、鎌倉の道が狭いこともあって引越し業者に依頼することにしました。年齢的にももうキツイ気がするというのはここだけの話で。

で、何社か見積もりをとり、一番安かったわけではないけれど営業の方が気持ちの良い人だったので「アリさんマークの引越社」に決めました。安さだけを追求して杜撰な作業になり残念な思いをしたくなかったしね。

でも若干急な依頼になってしまい、しかも土日だったので、午後の便しか予約できませんでした。引越し当日が家の退出日だったので何時に終わるのか少し不安でした。結果として午後1時半くらいに業者さんが来て作業を開始し、午後5時には全ての荷物を詰めて2台のトラックが新居へ向かいました。その後大家さんに来ていただき、引渡しの確認と鍵を渡して終了。

2年前に北鎌倉へ転居してから、近所に友人・知人が増えました。これまで東京の都会だったことや、引越しが多かったこともあってか、近所付き合いがいささか希薄な生活をしていただけに、近所に知り合いがたくさん出来て楽しかったなぁ。

まぁでも新居は同じ鎌倉市だし、それほど遠く無いのでまたすぐに会えるし、新居にも招きたいと思います(片付いたらね)。

そんなことより、一番心配なのは会社の帰りにぼーっとしていて北鎌倉で慌てて電車を降りてしまわないかどうか。何しろ同じ路線で一つ先の鎌倉へ引っ越すので。

そこまでアホじゃないか。

気配

我が家は2棟続きのテラスハウス。

隣に住んでいたSさんファミリーが新居を構え、出て行かれました。鎌倉に初めて住む僕らに、やたらと厳しいゴミ出しルールとか、地域情報を教えてくれました。都会から出て来た僕らは、おかげさまで慣れることが出来ました。

小さい男の子がいるSさん夫婦は、とても気さくで、仲良くさせていただき感謝をしています。テラスハウス飲み会(玄関前で昼間から宴会)は楽しかったですね。飲み過ぎてかなりめげましたが(笑)。

そして、引越しをされ、隣の棟からSさんファミリーが住んでいる気配が無くなりました。一緒に何回か遊んだSさんジュニア。今度会った時も覚えていてくれるかなぁ。

なんとなく、さびしいですね。

撃退

あっという間に8月も終わり。だいぶ更新をさぼりました。

以前書いたのですが我が家の大繁殖していたカビ。死闘(?)の上に撃退しました。ミッション完遂。下記、功労者です。

SH370051

パナソニックの除湿機「ハイブリッド方式除湿機 F-YHE120」です。他社と比較すると値段も高い分パワーもすごい。ついでに音もすごい。昼間仕事に行っている間に自動運転でもしておけば、夜には「これだけ湿気ありゃ、そりゃカビるわな」ってくらい水を溜めています。

剪定 ビフォーアフター

梅雨も明け、夏真っ盛りです。

テラスハウスのゆえ、我が家の周囲も緑(雑草含む)が生い茂っていました。なんとかせにゃならん、ということで、コーナンモールへ SACHS を飛ばすこと10分。手に入れました剪定バサミ。その名も「千吉」。さっそく剪定をしました。

通りに面した駐車場のとこ(剪定前)

090716_01

かなりボーボーです。

剪定後

090716_02

すっきり!

テラス付近(剪定前)

090716_03

ここは我が家の玄関に続く私道なのですが、ここも暑苦しいですね。

剪定後

090716_04

ここもスッキリ!!

ようやくすっきりしたランドスケープを取り戻しました。

ただ、慣れない作業のおかげで、労いのビールを持つ手が震えます。明らかに運動不足ですね。やばいやばい。

玄関先でプチ宴会

連休の土曜日、延ばし延ばしになっていたお隣さん家族とランチを楽しみました。

最初はお家の中でビールとお魚を食べていたのですが、陽気に誘われ玄関の外のちょっとしたスペースにチェアーとテーブル、そしてシートを敷いてゆるーい感じの酒盛りに。いい感じに酔っ払っている大人達を尻目にお隣りさんのかわいいジュニアも楽しそうにしていました。

美味しいご飯とお酒(紹興酒は絶品でしたっ)ごちそうさまでした。今度はBBQやっちゃおうかと。

ところで、鎌倉のゴールデンウイークは人混みで大変なようです。人混みが苦手な私は今のところ近寄っていません。

でもここに住んでいると連休に合わせて東京に住んでいる親や友達がやってきます。そうすると答えは一つ、混雑している鎌倉巡りもほどほどに、午後から家でお酒になりそうです。

まるで正月だなこりゃ、と日々ドラム缶のようになっていく腹回りを見ながら思うのでした。