トイプードル:日向が定位置

まだエリザベスカラーも外せず、腹巻きも着用しているため余り激しく身体を動かさないよう、手厚く(?)介護しています。

天気の良い昼間にケージから出してあげると、手術前と同じく陽が当たっているところでゴロゴロ。

写真を撮ったら「何撮ってんだよ」とアイコンタクトされてしまいました。

順調ならば、もうすぐ抜糸になります。

トイプードル:避妊手術を受けました

1泊入院して、本日無事に退院しました。術後の経過も今のところ順調だそうです。

エリザベスカラーや腹巻きが痛々しそうですが、実際は予想以上に元気いっぱい、普通に動き回れそうな感じです。

とは言え、病院でほとんど寝なかったらしく、家に着いてからはグーグー寝ています。

まずは身体を休めて、少しずつ元の暮らしに戻していきましょう。

トイプードル:避妊手術前日

ケージの中でフテ寝の図。

月齢が6か月となり、明日避妊手術を受けます。

前日から食事制限が入り、お水も余り沢山は飲ませられないということで、いつも走り回って興奮してお水をガブ飲みする我が家の怪獣は、午後から大人しくケージ入り。

出してもらえず、たぶん不貞腐れています。

購入した時点で避妊対策すると夫婦一致で決めていたので、気持ちにブレはありません。

人間のエゴという見方もあるかも知れませんが、人間社会で共生する上で望まれない妊娠などさせないように、ヒート(発情期)でお互い辛い思いをしないようにするため、必要な措置だと思っています。

でも今のところ何も知らない子犬の姿を見ていると、何となく不憫な気持ちにもなるわけで…

明日手術受けて、しばらくはもしかしたら傷が痛んだりするかも知れませんが、とりあえず成犬になるまでの1ステップとして頑張って欲しいですね。