トイプードル:避妊手術前日

ケージの中でフテ寝の図。

月齢が6か月となり、明日避妊手術を受けます。

前日から食事制限が入り、お水も余り沢山は飲ませられないということで、いつも走り回って興奮してお水をガブ飲みする我が家の怪獣は、午後から大人しくケージ入り。

出してもらえず、たぶん不貞腐れています。

購入した時点で避妊対策すると夫婦一致で決めていたので、気持ちにブレはありません。

人間のエゴという見方もあるかも知れませんが、人間社会で共生する上で望まれない妊娠などさせないように、ヒート(発情期)でお互い辛い思いをしないようにするため、必要な措置だと思っています。

でも今のところ何も知らない子犬の姿を見ていると、何となく不憫な気持ちにもなるわけで…

明日手術受けて、しばらくはもしかしたら傷が痛んだりするかも知れませんが、とりあえず成犬になるまでの1ステップとして頑張って欲しいですね。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPin on PinterestShare on Tumblr

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です