フィンランド語の数詞について

連休期間の課題のひとつ、2桁のフィンランド語の数詞を覚えること。とりあえずは書き出してみましょう。

0〜10

数字 フィンランド語 英語
0 nolla zero
1 yksi one
2 kaksi two
3 kolme three
4 neljä four
5 viisi five
6 kuusi six
7 seitsemän seven
8 kahdeksan eight
9 yhdeksän nine
10 kymmenen ten

全然英語と違いますね。しかも馴染みがありません。暗記するしかなさそう。

11〜19

数字 フィンランド語 英語
11 yksitoista eleven
12 kaksitoista twelve
13 kolmetoista thirteen
14 neljätoista fourteen
15 viisitoista fifteen
16 kuusitoista sixteen
17 seitsemäntoista seventeen
18 kahdeksantoista eighteen
19 yhdeksantoista nineteen

10台は英語の〜teenみたいに1〜9までの数詞に続けて “toista” をつけます。でもここではフィンランド語の基本ルールである母音調和はしないのですね(たとえば14が “neljätöistä” とはならない)。熟語のような扱いなのでしょうか。

20〜

数字 フィンランド語 英語
20 kaksikymmentä twenty
21 kaksikymmentäyksi twenty-one
30 kolmekymmentä thirty
40 neljäkymmentä forty
50 viisikymmentä fifty
60 kuusikymmentä sixty
70 seitsemänkymmentä seventy
80 kahdeksankymmentä eighty
90 yhdeksänkymmentä ninety
100 sata hundred

20以上は十の位の言い方を覚えれば、それに一の位を続けるだけで良さそうです。十の位も〜kymmentäという形にすれば良いのでそれほど苦労はなさそう。

なぜか、10〜19だけは数詞に続けて “toista” をつけるというルールになっているので、それが例外的な感じがします。

二桁までの数字がランダムに現れたとき、コンマ3秒くらいでぱっと答えられるようにならないとダメですね。今の所、え〜っと、う〜んっと、と考えてから答えが出てくるので、数字によっては2〜3秒かかっています。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPin on PinterestShare on Tumblr

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です