ミーハーとロマンの間で(ドラフト会議2019)

さて、今年もプロ野球のドラフト会議が行われる季節になってきました。今日17時から開始ということで、Webサイト更新作業もほどほどに早速速報サイトに釘付け(仕事しろ

逃げも隠れもしないタイガースファンとしては、まずはとにかく今年どのような指名をするのかをウキウキウォッチングしていました(仕事しろ

星稜の奥川君をジャイアンツと共にくじで外すのは予定調和。で、外れ1位(この用語は失礼だと思う)に創志学園の西君をゲット。良いねー。ガッツポーズで怒られた子だよね。とにかく闘志を前面に押し出すタイプで将来の右のエース候補。今年の高校生投手の目玉を獲れたのは大きい。もうこの時点で今年のドラフト及第点。オリックスから来た西投手の親戚らしいので、そもそもそんじょそこらの縁ではなかったのかも知れません。

続けて2位でこの夏全国制覇した履正社の井上君。ほう、ここもナイス選択。右の大砲候補だし間違いなく今年の高校生野手でトップクラスの逸材。大きく育てたい。広い甲子園の外野の守備がしっかりできれば、案外出てくるのも早いかも知れません。40本打ちたいと言ってくれているようですが、今のタイガースなら40本はおろかその半分の20本でも中軸任せられるよー。

3位で横浜の及川君。ちょっと3年次に評価を下げたっぽいけれど、そもそも世代No.1の呼び声高いサウスポー。多少ノーコンでもタイガースは左腕なら育てられる実績あるし、ここも素晴らしいチョイス。ここまで全て高校生を指名ということで、タイガースのドラフト戦略として余り見られない傾向に驚きを隠せません。でも高校野球で甲子園を沸かせた子たちが入ってくるのはファンとしてはたまらないですね。

で、4位に東海大相模の遠藤君。これまた高校通算45本塁打でスラッガータイプの内野手。あまりチェックしていなかったのだけど、ピッチャーでも145km出す今流行りの二刀流の選手。それでもおそらくこの先は野手1本で、ということかな。ここまで左右の本格派ピッチャーと、内野・外野のスラッガーを獲ってこれはもう満点に近いドラフトでしょう。お腹いっぱい。

あとはキャッチャー欲しいね。あれ?タイガースだけ高校生ドラフトだと勘違いしてないよね?と思っていたところの5位指名に中京学院大中京のキャッチャー藤田君。二塁まで最速1.79秒というスナイパー。大船渡の佐々木君が163km出した時にマスクを被っていた選手(ついでに球が速すぎて負傷)ということで、日本代表候補にも入っていたし正に世代でトップクラスのキャッチャーでしょう。

というか正気かタイガース。1位から5位まで高校生指名とはねー。びっくりしました。でもこんな高校野球オールスターで指名するということはファンも喜ぶし、何より将来楽しみ。ロマンあるわー。そして最後、6位できっちり東海大九州の苦労人、小川投手を指名してバランスをとってくるあたりがニクい。その後育成枠で大商大の小野寺外野手、静岡大の奥山外野手を指名して、今年のミーハー路線に振って攻めまくったドラフト終了。たぶん今年は12球団で一番の成果なんじゃないかと思っちゃう(対ファン目線では確実にそう)。

数年前に藤浪と北条を獲った時もワクワク感が止まらなかったけれど、来年はファームが絶対面白い。なんて言ったって熱闘甲子園選抜メンバーだからね。そして3年後とか5年後とかに揃って1軍定着とかしていたら最高。いやー野球って本当に面白いですね。

なお、他球団の指名は大船渡の豪腕佐々木君が千葉ロッテ、奥川君がヤクルト、明治のエース森下投手が広島一本釣りまでしか追っていませんすみません。

今更ながらCostco会員になる

午前中、霧雨の中で1ラウンド台風スウェルの残りで遊んできました。

とりあえず低評価な波情報だけ見てロングボードを抱えて行ったのですが、いざラインナップに顔を出してみると、入ってくるウネリの形や周囲のサーファーの雰囲気から「コレジャナイ」感が激しく、1本乗っただけで家へ戻り、ショートボードにチェンジして再チャレンジ。

とは言っても波のサイズは大きめでもモモ程度、set入るとコシサイズのダンパーで、しかも台風後で地形もボコボコしており、正直それほど楽しいラウンドではありませんでしたが、贅沢を言える立場でも無いのでパドルトレーニングと割り切ってしっかり運動ができた感じ。

ロングでもなく、ショートでもマッチせず、つまりはミッドレングスが丁度良い感じだったのか?いや、上手な人はロング・ショートどちらで乗りこなしていたので、自分のスキルの問題ですわね。

で、午後は今週1週間の買い出し。クルマに乗った瞬間Costco行ってみるか、ということになり、金沢シーサイド倉庫店へ。これまで数回、会員になっている友人のゲスト扱いで入店したことはありますが、今回は今更ながら意を決して会員になることにしました。

いろいろな日用品、食料品のサイズ感がアメリカンなもんで毎回は訪れないだろうけれど、何かを箱買い・大人買いしたい時は日本が誇るオーケーストアと併用すると良いかも知れません。プラス、そこはかとなく味わえるちょっとした海外旅行気分。現地ではCostcoは「コストコ」じゃなくて「カースコゥ」だそうです。サイレントのtというやつ。

ただ、出かける前にまずは家の片付けをして、ストックスペースを用意してからにすべきだった。

観光客がいない観光地

横須賀線が案の定15時くらいまで復旧せず、閑散としている鎌倉。

銭洗弁天から高徳院の大仏まで抜けてくる定番の観光コースとしていつも賑わっているこの道も、今日は住民以外誰も通らず静か。

台風明けとはいえ、たまにはこんな休日も良い。

嵐から一夜明けて

鎌倉は台風一過で季節外れの強い日差しが照りつけています。

風はまだ少し強いけれど、波のウネリはハラ〜ムネ程度まで落ち着き、何人かサーファーも入っています。

鎌倉は15号の時の方が被害が大きかったような気がしますが、それでも停電している地域も多く、漁師小屋は崩壊しているものも見受けられ、改めて関東を直撃する台風の凄まじさを目の当たりにしました。街の雰囲気も復旧に向けて各々作業されているし、自邸の片付けも少しはしたいから、ちょっと今日は波乗り自粛しようかな。

ヤマキウの焼ねぎ秋田味噌が美味い

先日の秋田帰省から鎌倉に戻る時に道の駅で見つけ、自分用に買った「焼ねぎ秋田味噌」がものすごく美味い。日本酒「太平山」で有名な、明治12年創業の秋田を代表する味噌・醤油・酒の蔵元「小玉醸造」で作られているヤマキウ秋田味噌をベースに、ネギや唐辛子で味付けした焼きねぎ味噌なんだけれど、これがご飯との相性抜群。新米を手に入れたから余計に止まらない。

食べ終わったらお取り寄せだな。