土地の分筆完了に時間がかかり、決済・引き渡しが遅れる

2月7日、不動産担当のHさんより電話があり、土地部分の決済・引き渡しをどうやら遅らせなければならないようです。予定では2月18日に土地部分の決済が完了して、めでたく長谷の土地を取得するはずでした。しかし、土地の分筆を正式に完了するのが遅れており、1週間から10日ほど先延ばしにせざるを得ない模様。なんだか悶々とした日々を過ごしそうです。

もちろんこの期間、建物設計の打ち合わせは余り影響なくどんどん進められます。「余り影響なく」というのはどういうことかというと、分筆が正式に終わっていない=土地の境界線が確実に決定しているわけではないので、建物を建てられる部分の境界も正式には決まらないのです。なるべく大きな建物を建てようと、めいいっぱい敷地を使って設計している場合、仮に想定よりも境界が削られたら今までのプランを変更しなければならない恐れが出てきてしまいます。ただし、僕らのコンセプトが(予算の都合もあり)「小さくて気持ちの良い家」、つまり最初からめいいっぱい建てることを想定していないので、設計はほぼ順調に進められるようです。

でも心配なのは、銀行の融資実行が延期になること。当然のことながら、銀行から融資を受けるには不動産登記簿謄本や不動産売買契約書、重要事項説明書、建物平面図云々といった物件を確認する為の資料が必要になります。しかし分筆が完了していない現在、各書類に書かれている土地の境界線や土地面積の数値はまだ公式に認められていない状態ということになります(たぶんね)。つまり、銀行絡みの現状は「土地の境界決定が遅れている」ので、「融資実行・決済・土地部分引き渡しが遅れる」ということになっていると思われ。

ということはだ、2月の金利でローンを始めるはずだったのが3月にずれ込む可能性もあるということでしょうか(今のところよく分かっていない)。仮にこれからハイパーインフレが起き、3月の金利が高騰したらどうしよう?

iMac G5が重症

わが家のiMac G5ですが5年目にしてモニター表示がおかしくなってしまいました。

始めは各アイコン部分にジャギーが出る程度でだましだまし使っていましたが、本日とうとう画面全体がモザイク状態に。

おそらく、グラフィックボードの故障だと思われ、ドック入りは免れません。

しばらくは情報端末は携帯電話のみになりそうです。うーむ、そろそろディスプレイとMac ProあるいはMac Miniの買い時か?でもPOWER PC用のアプリばかり持ってるから今は中古になっちゃいます。

第3回自邸プラン打ち合わせ

1月31日、現地視察と3回目の打ち合わせをしました。ビルダーさんと共に現況の古屋に実際入れてもらい、2階の窓からの見え方や斜面の雰囲気などを確認し、写真で記録した後に若宮大路沿いのデニーズで打ち合わせ。

新たに2プラン提示してもらいました。

ひとつはこれまでの流れに沿った内容のプランです。しかしアトリエスペースが2階の南西側に配置されているので、もしかしたら秋冬で太陽の位置が低い時期などはまぶしくなってしまう可能性があるようです。macで作業をする際にあまり太陽光が入りすぎると支障をきたすかも知れません。また、1階部分の廊下も長く、2階からトイレに行くのに少し距離があるかもと思いました。

もうひとつのプランは少し方向性を変え、これまで南に向けていた視野を斜面のある東側に向けたものです。90度角度が変わることにより、間口と奥行きの関係が反転していました。キッチンはシンクのみアイランドとして配置し、ダイニングテーブルをアイランド横に置くイメージです。これまではキッチン・ダイニング・リビングと奥から連続していたLDKを、間口が広くなったことによりキッチンとダイニングテーブルを一体化させ、リビングを脇へ連ねるというプランになります。見慣れていないプランだったので少し戸惑いがありましたが、よくよく考えてみると、2階のLDKへ上がってきたときの空間の広がりやダイナミックに斜面を借景として生かせそうな雰囲気が徐々に見えてきました。建物の形状も素直な長方形になるのでコスト面も期待できそうです。また、都内の狭小住宅を設計する手法をとったということで、1階に廊下を設けずに玄関ホールから階段・トイレ・洗面脱衣室・主寝室へ入れるプランになっています。廊下が無くなったぶん、主寝室とウォークインクローゼットに余裕ができ、WIC+土間として使用できるスペースとなりそうです。かなりの収納が期待できそうなので、モノの多い我が家にはぴったりかも知れません。さらにWICから洗面脱衣室へ扉を設ければ、主寝室から直接浴室へ行く動線も確保できます。

2時間ほどの打ち合わせの結果、これをベースにするので良いのではないかという結論に至りました。もうすぐ正確な測量があがってくるようなので詰めていけそうです。プランさえ決まれば、次は僕らがずっと妄想している具体的な仕様の話になってくるのではないかと思っています。

沈黙を破る

ずいぶんと更新をしませんでした。というのも色々と理由がございまして…。

材木座の土地を見に行ったときに、金銭的に現実を知り、まぁゆっくりと貯金でもしながらなんて気長に考えつつ、土地の紹介は受けてました。

そうこうしていたら、ポンと我々にも何とか分相応な条件の土地が見つかったもんで、懲りずに話を進めてみました。

資金がちょぼちょぼな僕らに銀行が果たして融資をしてくれるか不安だったので、しばらくこちらに記録するのを控えていました。

中途半端に盛り上がっておいていざローンを組もうとしたら門前払いとかになったら格好悪いし、そんな醜態を明けっ広げに公開するのも如何なものかと思いまして。

しかし、どうやら具体的に鎌倉に家を建てるという話が現実味を帯びてきたので、再開します。

あとから見ても分かるように、一応日付に沿って出来事を記録していきます。

これから忙しくなりそうです。

第2回自邸プラン打ち合わせ

1月16日、2回目の打ち合わせをしました。前回プランおよび年末にこちらから出したいくつかの要望をもとに3プラン提示していただきました。

変更点として、1階の主寝室には新たにウォークインクローゼットを設けていました。LDKのポイントとなるキッチンですが、シンクのみアイランドとして独立させるプランを採用したいと思っています。後から増床する予定のロフト、昇降用梯子も書かれていました。リビングの中にアトリエというイメージもちゃんと伝わっていて、3つのプランともよく考えられた内容だなと感じました。さすがプロ。

ダイニングとソファとテレビの関係性に苦心されたらしく、とりあえずソファの正面にテレビがある必要は無い旨を伝えました。これはライフスタイルの問題でもあるのですが、どちらかというと、朝なんか特にニュースなどをダイニングテーブルで見ながら朝ごはんを食べるイメージです。友人が訪れてきて、パーティなんかをやるときも、中心はソファではなくダイニングテーブルになるような気がします。お酒も飲むしね。

ソファは結構本を読んだり、ぼーっとしていたいときに座っている気がします。あとは昼寝するとき。だから、あいているスペースにソファを置ければそれでいいと思うのです。設計する側としてもソファとテレビを切り離してプランを考えていくと、もっと自由度が広がるということでした。

また、ウッドデッキの位置を斜面側にしてプライベート性を高めるなどの改善点が出て終了しました。