住みたい(願望)を叶える現地の不動産情報を手に入れよう

photo credit: 2012年11月 鎌倉_001 via photopin (license)

こうして突発的に次に住みたい街を決めたのですが、やはり行楽で訪れるのと違い、そこに住もうと思ったらまず生活できるか、とか、通勤出来るか、とかを考えなくてはなりません。いや、その前に僕らが住める物件がそもそもあるかどうかを調べなければならないのです。

“住みたい(願望)を叶える現地の不動産情報を手に入れよう” の続きを読む

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPin on PinterestShare on Tumblr

鎌倉移住を決心した、海沿いの家に呼ばれたときの話

photo credit: * via photopin (license)

2008年の夏、妻の会社の方のお宅に夫婦でお呼ばれしました。その他にも何組かの夫婦やスタッフがいて、休日を利用してのお食事会のようなものだった気がします。 別に、特に家を見たいなどと思って楽しみに行ったわけでは無いのですが、そのお宅に上がった瞬間に、少しだけ衝撃が走ったような気がしました。

“鎌倉移住を決心した、海沿いの家に呼ばれたときの話” の続きを読む

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPin on PinterestShare on Tumblr

住まいの変遷から考察する居住地域学 2008

photo credit: Panorama view of Tokyo Bay area via photopin (license)

住む地域を選出するにあたり、まったく土地勘のない地域を新規開拓するよりまず、今まで住んだことのある地域だとか通いなれてある程度土地勘のある地域を候補に入れるべきだと考えました。 なぜならそこは勝手知ったる地域なのだから、日々の通勤、買い物や病院など都市インフラ状況が既に分かっているから。 これまで諸般の都合(家庭の事情とも言う)で色々な地域に住んだことがあります。まずはその辺りを検討してみよう(結構なボリュームの記事です)。 “住まいの変遷から考察する居住地域学 2008” の続きを読む

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPin on PinterestShare on Tumblr

僕が家を欲しくなったいくつかの理由

photo credit: Spreewald-Hütte via photopin (license)

家が欲しくなったのは理由があります。 もう31歳ということで、例えば誰しもがいつかはマイホーム・・・という夢のようなものではなく、ただ漠然とではあるが40歳くらいまでには家を買いたいなぁと。

“僕が家を欲しくなったいくつかの理由” の続きを読む

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPin on PinterestShare on Tumblr