鎌倉の自邸:薪ストーブ(予定)は我が家唯一の贅沢装備

101017_05

2階リビングの天井をつきやぶるこいつ。今建てている僕らの家は必要最低限の広さとミニマムな設備になります。流行の全館空調やら24時間換気やら床暖房やらといった快適設備はありません(エアコンは付けたいですが)。いわゆるローコスト住宅と呼ばれるものかも知れません。そのかわり各種マテリアルの素材感だけは出来る限りこだわりました。

でも1つだけ、ビルダーさんのこだわりでもあるのですが薪ストーブを入れる予定です。とはいっても最初は資金の面が厳しいので見送って、二期工事以降で導入することになると思います。

そのため、将来を見越して煙突部分だけ施工しました。後から天井に穴開けるのも大変だということなので。写真だとあまり大きさが分かりませんが、実際はかなり太い径の二重煙突です。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPin on PinterestShare on Tumblr

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です