鎌倉の自邸:内装施工始まりました

101030_01

いよいよ本格的に、施主自らの内装施工が始まりました。セミ・セルフビルドというやつです。つまり家の駆体など構造にかかわるところは専門家である工務店に施工してもらい、内装の仕上げなど素人でも時間と労力をかければ出来るところは施主がやるという今回の家づくり。

我が家はオール漆喰仕上げ(風呂は除く)なので、石膏ボードが貼られている壁から漆喰塗りの準備が始まりました。上の写真は天井と壁の境に養生テープを貼っている所。漆喰が塗られる所全ての境界にこれを貼っていきます。

ぴったりではなく、2.5mm空けるというビルダーからの指示ですが、僕がやるとどうしても境界ギリギリに貼ってしまいます。妻の方が上手な気がするので途中から細かい仕事は任せてしまい、僕は石膏ボード同士が隣接する部分にファイバーテープを貼る作業に専念しました。

101030_02

これも全ての境界に貼っていきます。

今日1日で1階部分がほとんど終わったので、明日からパテ塗りという作業に入ります。11月は会社も休みをとりながら集中して内装施工します。何とか年内に入居出来るよう施主も頑張ります。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPin on PinterestShare on Tumblr

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です