第8回自邸プラン打ち合わせ(プチ)

前日の帰りに横須賀線に乗り、立ったまま逗子まで乗り過ごすという離れ業をやってのけ、やや二日酔い気味で茅ヶ崎のビルダーさん宅にて打ち合わせをしました。

メインの議題は見積もりの減額措置です。ロフトなど後回しにできるものを見送り、何とか1割強抑えてくださいと事前にメールしていたので、それに対する回答という形で見積もりの改訂版をいただきました。結果・・・

とりあえず目標値は達成! 家そのものの構造や仕様は極力落とすこと無く、見積もりを抑えることができました。これで何とか先に進める見通しが。

コストダウン仕様でとりあえず削った部分は、まず玄関&ポーチ部分のテラコッタタイル貼り。テラコッタは結構高いので、モルタル&ビーチコーミングで拾った石や貝殻などを埋め込んでみるといった提案をいただきました。センス良く出来ればそれで良いし、これは夫婦で検討しましょう。また、2階天井の杉板張りをシナ目透かし貼りという仕様にすることでもかなりコストダウンを図れるとのこと。その他にもドアや各種金物の予算を少し大きめにとっていたので、無理無く削れる範囲で予算を抑えてもらい、今の所納得の見積もりに仕上がっていました。妻とじっくり検討しようと思います。

また、プランも外収納を削ったくらいで他はほぼ変更無いため、建築の申請手続きを始められそうです。このまま順調に行けば、連休あけくらいに許可が下りる模様。それまで1ヶ月くらいは打ち合わせも一段落つくようです。

無論、施主支給するものなどの精査・調査は必要なので、ヒマさえあれば色々と調べモノをする必要がありますが。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPin on PinterestShare on Tumblr

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です